老眼が始まる年齢の目安


加齢が原因で近くが見えずらくなることが老眼ですが、どのくらいの年齢から症状は始まるのでしょうか。
個人差はありますが、一般的に日本人の場合は40歳を過ぎたあたりから症状が出る人が多く、早い人では30歳で自覚することがあります。
遅い人でも45歳から50歳を過ぎたあたりにははっきと老眼であることを自覚し、眼科に来る人が多くなります。

体力の衰え方に個人差があるように老眼の症状が気になってくる年齢も人によって異なります。
ただ、現代では目を酷使する生活環境にあるため老眼の始まる年齢が若年化してきているといわれます。
特に時代を象徴しているのが「スマホ老眼」と呼ばれることの多い、若年層の老眼です。

これは、文字通りスマホを見たあとに別のものをみるとピントが合わないという症状で、まさにこのIT時代ならではの老眼と言えます。
こちらは若い層がなりやすい一時的な症状なので、スマホ老眼向けのサプリを飲むなどして対策するのもいいでしょう。

老眼は徐々に進行していき、ある時に突然「あれ、見えにくい」などと気が付く人が多いようですが、はっきりと自覚する前に目が非常に疲れたり、目の奥が痛かったり、首や肩が凝るなど目や体への様々な不調を感じる人が多いようです。
老眼は年齢とともに進行していきます。老化すると水晶体を調整している毛様体の筋力が衰えます。
体の筋肉が衰えてしまうのと同じです。毛様体の筋力が衰えると弾力が失われ、その結果、調節する力が弱まりうまくピントが合わせられなくなります。これが原因です。

老眼鏡をいつからかけ始めた方がいいのかと悩む方もいるでしょうが、目の疲れが続いたり日常生活の中で支障を感じたらすぐに眼科の受診をすることです。
自覚症状がでてもなかなか受け入れられなかったり、面倒だったりして我慢する人も多いようですが先延ばしにすることで症状が進行することもありますし、目の疲れから目の疾患、体の疲労や倦怠感などにもつながることがあるので早めに受診することをおすすめします。

個人差はありますが、70歳くらいで老眼の進行はとまるともいわれています。目の老化なので治すことはできませんが、進行を遅らすことはできます。日ごろの目の運動は脳の活性化にもなりますし、食生活の改善なども進行を遅らせる対策の一つなので上手に取り入れていくことが賢明です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です