老眼予防でできること


老眼になると、本や新聞などの細かい文字を読むのが、ピントがあわず難しくなったり近くのものが見るのが難しくなる状態です。加齢に伴い、症状として現れますが、近年では老眼治療などもできるようになっています。しかし、老眼は予防をすることで、その進行を遅らせることができるため、できるだけ進行を遅らせるように、日々の生活を改善して予防していきましょう。
生活習慣が乱れていたり、ストレスなどを溜めていると、老眼の進行が早い傾向があります。また、紫外線によって目にダメージが溜まってしまうのもあまりよくありません。その他にも、デスクワークなどでパソコンなどを使い、目を酷使したり、またいすに長時間座る作業の場合には、同じ姿勢を保つことが多く、それが、肩や首などの血行不良の原因になり、これが目にも影響がでてしまうことになります。このように、生活習慣、ストレス、紫外線、目の酷使、血行不良などさまざまな老眼の進行が早くなってしまう原因をできるだけ改善していくことで、老眼予防をしましょう。
規則正しい生活習慣を身につけ、ストレスをできるだけ溜めないような生活環境を整えることが大切です。また、紫外線による目のダメージを防ぐためには、紫外線対策のされたメガネやサングラスなどを使い、目へのダメージを軽減しましょう。外出時には、目だけでなく肌への紫外線対策をすることも大切です。肌に対しても紫外線はダメージとなりシミやシワなどの原因になります。日傘や帽子、また日焼け止めなどでしっかりと紫外線対策をしましょう。
また、仕事などでどうしても目を酷使する必要がある場合には、目の疲れを癒すことを考えましょう。作業の途中で休憩をして目を少し休めたり、また、目の周辺のツボを押したり軽くマッサージをして目の周辺のこりをほぐし、血行不良を改善しましょう。肩や首などがこっている場合でも、目が疲れたり頭痛になることがあるので、お風呂で体を温め、筋肉のこりをほぐしたりマッサージをして血行を改善することで老眼を予防しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です