老眼になる原因


視力の問題として若いうちに起こる近視や乱視といったものがありますが、これとは全く異なる原因の老眼があります。人が対象を見るためには光が必要となっていて、物体から反射される光を眼球が受け、表面に存在する角膜を通して水晶体を通過する際に光が屈折し、網膜に像を結ぶことで対象の存在を認識するようになります。

このメカニズムはカメラと同じもので、角膜や水晶体で光の屈折を上手くできなければ、網膜に映し出される像が多重に見えたりぼやけたりします。
近視や乱視などは角膜の凹凸に異常が発生することで起こりますが、加齢によって身体機能が衰えると、体全体の筋力が弱まるのと同時に、水晶体のピントを調節するための毛様体筋も弱くなります。

毛様体筋は水晶体と繋がっていて、遠くを見るときは引っ張って水晶体を薄くし、近くを見るときは逆に緩んで水晶体を厚くします。
これによって遠近どちらであっても正しく認識することができるようになりますが、年老いていくと毛様体筋の力が弱まって水晶体を厚くできずに近くの像が結べなくなります。

これが老眼の正体で、頻繁に動かすことのなくなった水晶体は弾力が低下し、最終的には厚さを変更することすらできなくなります。
ひとたび老眼が起こると、元に戻すことはほとんど不可能となっているため、回避するためには日頃から予防策となる食事を摂ったり、眼球運動を行って毛様体筋が衰えるのを抑えることが重要となります。最近では老眼治療が進んでいて、近視などを治療するレーシックと共に行うことで、ある程度の改善は可能となっていますが、いまだその方法は発展途上にあります。

有名なものにはラジオ波を使用したCK、カムラインレーを挿入することによるリーディングアイなど、様々ですが通常は水晶体のピントを調節する力がないので、遠視か近視のどちらかを修正するだけとなります。つまり、老眼の治療としては片眼を調整して近くのものが見られるようにし、もう片方を遠くのものを見られるようにするというものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です