老眼とは


歳をとるにつれて、手元のものが見え辛くなったり、眼の焦点を近くのものから遠くのものへ移すことや、その逆を即座に行うことが難しくなってきます。これは、一般的に老眼と言われるもので、歳をとることで眼の水晶体の弾力が小さくなり、調節能力が低くなることで引き起こされます。
近くのものを見ることが難しいと言った症状の類似性から老眼はよく、遠視と混同されることが多いものですが、遠視は水晶体に生じている屈折異常によって引き起こされているもので、調節能力が低下することによって引き起こされる老眼とは区別されます。
老眼は、20歳前後から徐々に進行し続けているものの、早い人で30歳代半ばごろから、一般的には40歳前後から症状が現われはじめ、眼の焦点を合わせることが難しくなるため、非常に疲れやすい状態となってしまいます。また、眼のかすみなどの症状が訴えられることもあります。
そのため、老眼になった後も視力矯正などを行わず、無理をし続けることによって目の疲れや酷い肩こり、頭痛や吐き気などといった症状へ悪化してしまうこともあり、自覚症状が現れ始めたら、でjきるだけ早い段階で視力矯正を行うことが望まれます。
老眼の矯正には、遠視と同様の眼鏡が用いられ、凸レンズの眼鏡となっています。また、元々近視であった人向けには遠近両用眼鏡といった、凸レンズと凹レンズを組み合わせて作られたものが用いられます。また、近視の人はなりにくいとされているものの、実際には近視の人も老眼になります。近視の場合は、元々眼の焦点が近くに合わせられているため、その症状が自覚しにくいものとなっています。
また眼鏡の度数は、眼の調節能力が低下していくにしたがって強いものへと交換する必要があり、概ね加齢とともに度数を強くしていくこととなります。
老眼は加齢とともに自然に発症するため、誰もがかかるものですが、眼に負担をかけないことや、バランス良く栄養を取ること、眼球を鍛えることなどによって発症をある程度遅らせることが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です