もしかして老眼!?老眼に気づく最初の症状


老眼は目に起こる老化現象のひとつで、目のピント調節の機能が低下することにより、近くのものが見えにくくなる症状です。私たち人間は年齢を重ねると、誰にでも老眼はあらわれます。老眼と聞くと、お年寄りにあらわれる症状のように感じますが、早いと40代でその症状があらわれる場合もあります。
老眼の症状があらわれる理由としては、目の水晶体の機能が衰え、弾力性を失ってしまうことがあげられます。近くのものを見る時に水晶体は厚くなり、遠くのものを見る時には薄くなることにより、目はものを見ることができます。加齢により水晶体の弾力が不足し、厚さを変えることができなくなり、老眼の症状があらわれます。
老眼の初期症状としては、目のかすみ、目の疲れ、肩こりや頭痛などがあげられます。目の疲れがあらわれる理由は、水晶体が無理にピントを合わせようとしているために、目に疲れがあらわれます。また見えにくい目を酷使し眼精疲労が起こり、肩こりや頭痛を発症します。思い当たるような症状がある場合には、症状が進行しないように目をしっかりと休ませる必要があります。
老眼の症状があらわれるのをなるべく遅らせる方法としては、まずバランスの良い食事を心掛けることがあげられます。予防にはビタミンA、B、C、Eが不足しないよう注意する必要があります。そして眼精疲労は老眼が進行する原因のひとつになります。パソコンやスマートフォンなど、目を酷使している人は、なるべく目を休ませることを意識しましょう。目を休ませる時には、目にホットタオルなどをあてると、目の疲れが緩和されます。そして紫外線を浴びることは、目に悪影響を与えます。紫外線の強い日にはサングラスをかけるなど、目を守ることを意識しましょう。目の中にある筋肉が衰えると、ピントが合わなくなり症状があらわれるようになります。そのため眼球を動かす運動を取り入れるなど、筋肉を鍛えられるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です