老眼予防でできること

老眼になると、本や新聞などの細かい文字を読むのが、ピントがあわず難しくなったり近くのものが見るのが難しくなる状態です。加齢に伴い、症状として現れますが、近年では老眼治療などもできるようになっています。しかし、老眼は予防をすることで、その進行を遅らせることができるため、できるだけ進行を遅らせるように、日々の生活を改善して予防していきましょう。
生活習慣が乱れていたり、ストレスなどを溜めていると、老眼の進行が早い傾向があります。また、紫外線によって目にダメージが溜まってしまうのもあまりよくありません。その他にも、デスクワークなどでパソコンなどを使い、目を酷使したり、またいすに長時間座る作業の場合には、同じ姿勢を保つことが多く、それが、肩や首などの血行不良の原因になり、これが目にも影響がでてしまうことになります。このように、生活習慣、ストレス、紫外線、目の酷使、血行不良などさまざまな老眼の進行が早くなってしまう原因をできるだけ改善していくことで、老眼予防をしましょう。
規則正しい生活習慣を身につけ、ストレスをできるだけ溜めないような生活環境を整えることが大切です。また、紫外線による目のダメージを防ぐためには、紫外線対策のされたメガネやサングラスなどを使い、目へのダメージを軽減しましょう。外出時には、目だけでなく肌への紫外線対策をすることも大切です。肌に対しても紫外線はダメージとなりシミやシワなどの原因になります。日傘や帽子、また日焼け止めなどでしっかりと紫外線対策をしましょう。
また、仕事などでどうしても目を酷使する必要がある場合には、目の疲れを癒すことを考えましょう。作業の途中で休憩をして目を少し休めたり、また、目の周辺のツボを押したり軽くマッサージをして目の周辺のこりをほぐし、血行不良を改善しましょう。肩や首などがこっている場合でも、目が疲れたり頭痛になることがあるので、お風呂で体を温め、筋肉のこりをほぐしたりマッサージをして血行を改善することで老眼を予防しましょう。


老眼になる原因

視力の問題として若いうちに起こる近視や乱視といったものがありますが、これとは全く異なる原因の老眼があります。人が対象を見るためには光が必要となっていて、物体から反射される光を眼球が受け、表面に存在する角膜を通して水晶体を通過する際に光が屈折し、網膜に像を結ぶことで対象の存在を認識するようになります。

このメカニズムはカメラと同じもので、角膜や水晶体で光の屈折を上手くできなければ、網膜に映し出される像が多重に見えたりぼやけたりします。
近視や乱視などは角膜の凹凸に異常が発生することで起こりますが、加齢によって身体機能が衰えると、体全体の筋力が弱まるのと同時に、水晶体のピントを調節するための毛様体筋も弱くなります。

毛様体筋は水晶体と繋がっていて、遠くを見るときは引っ張って水晶体を薄くし、近くを見るときは逆に緩んで水晶体を厚くします。
これによって遠近どちらであっても正しく認識することができるようになりますが、年老いていくと毛様体筋の力が弱まって水晶体を厚くできずに近くの像が結べなくなります。

これが老眼の正体で、頻繁に動かすことのなくなった水晶体は弾力が低下し、最終的には厚さを変更することすらできなくなります。
ひとたび老眼が起こると、元に戻すことはほとんど不可能となっているため、回避するためには日頃から予防策となる食事を摂ったり、眼球運動を行って毛様体筋が衰えるのを抑えることが重要となります。最近では老眼治療が進んでいて、近視などを治療するレーシックと共に行うことで、ある程度の改善は可能となっていますが、いまだその方法は発展途上にあります。

有名なものにはラジオ波を使用したCK、カムラインレーを挿入することによるリーディングアイなど、様々ですが通常は水晶体のピントを調節する力がないので、遠視か近視のどちらかを修正するだけとなります。つまり、老眼の治療としては片眼を調整して近くのものが見られるようにし、もう片方を遠くのものを見られるようにするというものです。


老眼とは

歳をとるにつれて、手元のものが見え辛くなったり、眼の焦点を近くのものから遠くのものへ移すことや、その逆を即座に行うことが難しくなってきます。これは、一般的に老眼と言われるもので、歳をとることで眼の水晶体の弾力が小さくなり、調節能力が低くなることで引き起こされます。
近くのものを見ることが難しいと言った症状の類似性から老眼はよく、遠視と混同されることが多いものですが、遠視は水晶体に生じている屈折異常によって引き起こされているもので、調節能力が低下することによって引き起こされる老眼とは区別されます。
老眼は、20歳前後から徐々に進行し続けているものの、早い人で30歳代半ばごろから、一般的には40歳前後から症状が現われはじめ、眼の焦点を合わせることが難しくなるため、非常に疲れやすい状態となってしまいます。また、眼のかすみなどの症状が訴えられることもあります。
そのため、老眼になった後も視力矯正などを行わず、無理をし続けることによって目の疲れや酷い肩こり、頭痛や吐き気などといった症状へ悪化してしまうこともあり、自覚症状が現れ始めたら、でjきるだけ早い段階で視力矯正を行うことが望まれます。
老眼の矯正には、遠視と同様の眼鏡が用いられ、凸レンズの眼鏡となっています。また、元々近視であった人向けには遠近両用眼鏡といった、凸レンズと凹レンズを組み合わせて作られたものが用いられます。また、近視の人はなりにくいとされているものの、実際には近視の人も老眼になります。近視の場合は、元々眼の焦点が近くに合わせられているため、その症状が自覚しにくいものとなっています。
また眼鏡の度数は、眼の調節能力が低下していくにしたがって強いものへと交換する必要があり、概ね加齢とともに度数を強くしていくこととなります。
老眼は加齢とともに自然に発症するため、誰もがかかるものですが、眼に負担をかけないことや、バランス良く栄養を取ること、眼球を鍛えることなどによって発症をある程度遅らせることが可能です。


もしかして老眼!?老眼に気づく最初の症状

老眼は目に起こる老化現象のひとつで、目のピント調節の機能が低下することにより、近くのものが見えにくくなる症状です。私たち人間は年齢を重ねると、誰にでも老眼はあらわれます。老眼と聞くと、お年寄りにあらわれる症状のように感じますが、早いと40代でその症状があらわれる場合もあります。
老眼の症状があらわれる理由としては、目の水晶体の機能が衰え、弾力性を失ってしまうことがあげられます。近くのものを見る時に水晶体は厚くなり、遠くのものを見る時には薄くなることにより、目はものを見ることができます。加齢により水晶体の弾力が不足し、厚さを変えることができなくなり、老眼の症状があらわれます。
老眼の初期症状としては、目のかすみ、目の疲れ、肩こりや頭痛などがあげられます。目の疲れがあらわれる理由は、水晶体が無理にピントを合わせようとしているために、目に疲れがあらわれます。また見えにくい目を酷使し眼精疲労が起こり、肩こりや頭痛を発症します。思い当たるような症状がある場合には、症状が進行しないように目をしっかりと休ませる必要があります。
老眼の症状があらわれるのをなるべく遅らせる方法としては、まずバランスの良い食事を心掛けることがあげられます。予防にはビタミンA、B、C、Eが不足しないよう注意する必要があります。そして眼精疲労は老眼が進行する原因のひとつになります。パソコンやスマートフォンなど、目を酷使している人は、なるべく目を休ませることを意識しましょう。目を休ませる時には、目にホットタオルなどをあてると、目の疲れが緩和されます。そして紫外線を浴びることは、目に悪影響を与えます。紫外線の強い日にはサングラスをかけるなど、目を守ることを意識しましょう。目の中にある筋肉が衰えると、ピントが合わなくなり症状があらわれるようになります。そのため眼球を動かす運動を取り入れるなど、筋肉を鍛えられるようにしましょう。